Home > るてぃ準備ブログ > 工房からの風

工房からの風2011年10月16日

昨日は、野外クラフト展「工房からの風・craft in action」へ行ってきました。
会場は、千葉県市川市のニッケコルトンプラザです。
http://www.nikke-cp.gr.jp/cia/index.html

昭和の終わり、毛織物工場からショッピングセンターと変わった この土地に変わらず残った神宮社。
その鎮守の杜を中心に作家テントを配しています。037koubou.jpg

雨は朝から小ぶりになりましたが、ショッピングセンターに面した広場のテントがビル風の突風で折れるアクシデントが...。
こちらの作家たちは、ショッピングセンター内の3~4階ホールに会場を移しての開幕です。

010kounou.jpg

昼ごろにはすっかり晴れた会場では、次々とワークショップが始まります。
l'Outil(るてぃ)でもお馴染のgreenlightの菅原わかこさんの「小さな3つの木の家作り」。 

036koubou.jpg

その横のテントでは菅原博之さんが「南京鉋で木のバターナイフとパンプレートを作る」のご準備中。
046koubou.jpg

ご準備を中断して彼がデモストレーションをしてくださいました。 

044koubou.jpg

さてニッケ鎮守の杜をあとに、最寄りのJR本八幡駅へ。
いつものように直感を頼りにランチスポットを散策。駅の反対側、北口で "Lamp Light じゃがいも" さんを発見しました。ポテトに拘った洋食屋さんです。

049motoyawata.jpg

ここから東京を横断し、ご紹介いただいた "くらしのアトリエ ひらや" さんへ。午後はまったり、ひっそりと住宅地でスローライフな気分です。
http://www.hirayaweb.com/ 

051nakano.jpg

それから一旦、原宿竹下口の喧噪を抜けて、これまた都心とは思えない閑静な "Style-Hug Gallery (スタイルハグギャラリー)" さんへ
http://www.style-hug.com/index.html

まえまえから拝見したかった清水善行さんの個展の初日に伺うことができました。

さて来週のl'Outil(るてぃ)は、「老舗のクラフトデザイン展」です。
ぜひ毎日の生活の中で、日本の職人による手仕事のすばらしさをご実感ください。

こちらは開化堂さんのパスタ缶。パスタ・メジャーも付いています。
061kaikadou.jpg

茶筒は、もともと日本茶のためのものですが、同じ湿気を嫌うものであれば、紅茶の筒として使ってもいいじゃないか。パスタ缶だって気密性があったほうが良いだろう、という発想から生まれた新しい仕事は、海外のメディアにも取り上げられています。

 

Trackback(0)トラックバック

トラックバックURL: http://loutil.jp/mt/mt-tb.cgi/253

Post Commentコメントを書く

カテゴリー一覧
キーワード検索