Home > るてぃ準備ブログ > 今残しておきたい、日本の美しいものたち

今残しておきたい、日本の美しいものたち2012年6月22日

BS日テレで毎週月曜20時~放送中の「壇れいの名匠の里紀行」。
日本の職人の手技によって生み出された和の伝統美を巡る、本物を愛する大人のための旅行ガイドです。
この番組が、「壇れいの今残しておきたい、日本の美しいものたち」(講談社)という一冊の本になりました。

このなかで、江戸結桶 川又栄風さん(桶栄)が紹介されています。
今日は、江戸風情を残す深川(江東区)の川又さんのもとを訪ねました。
016lOutil chez Okeei.jpg
じつは、在仏から帰国して最初に住んだのがこの街。
16年ぶりの再訪になつかしくて目頭が熱くなりました。

さて、どうです!この年季がはいった桶。
004lOutil chez Okeei.jpg

こんな風に、底が抜けるほど何十年も使い込んだお櫃(ひつ)も修理に持ち込まれるんですね。
まさに、『箍(たが)が外れる』。
014lOutil chez Okeei.jpg

川又さんが工房をみせてくださいました。
011lOutil chez Okeei.jpg

いまでこそ銅に代わり、箍に銀色の洋白を使うところも出てきましたが、
先駆者として...それも長年のご苦心、試行錯誤の末に作られたもの。
013lOutil chez Okeei.jpg
4月27日、伊勢神宮(外宮)で執り行われた"古式江戸前鮨奉納式"の器一式もご制作された川又栄風さんです。

ところで、桶栄さんの原材料は国有林の「檜(ひのき)]「椹(さわら」材。
林野庁の計画による伐採量の減少と国宝修復材の確保の為に. 価格高騰し続ける現状に、このたび価格改定を余儀なくされました。

コンテナ18     旧価格¥42,000→新価格¥52,500
ワインクーラー18  旧価格¥48,300→新価格¥63,000

すでに実施日を過ぎておりますが、
l'Outil(るてぃ)では価格改定を7月1日からとし、6月末まで旧価格にてご提供しますので、ご理解のほどお願い申し上げます。

樹齢300年もの椹材を使用した本当に美しいお櫃。
いいものをやはり使ってみたい、使った人だけがわかる、あこがれの道具です。


Trackback(0)トラックバック

トラックバックURL: http://loutil.jp/mt/mt-tb.cgi/420

Post Commentコメントを書く

カテゴリー一覧
キーワード検索