Home > るてぃ準備ブログ > 漆に夏野菜の冷たいスープを

漆に夏野菜の冷たいスープを2012年8月25日

露地栽培のトマトもそろそろ終わりかな?と思っていたら、以心伝心??
お庭で採れたと仰るトマトをお客様からたくさん頂戴しました。感謝。
で! "ガスパチョ" を作ってみました。夏の漆特集の続き、大場芳郎さんの弥生椀に。
lOutil_Gazpacho.jpg
ガスパッチョは、簡単!ミキサーにかけるだけ、火を使わないスープなので、夏野菜のビタミンやミネラルをそのまま摂取できます。 
発祥の地は、スペインの灼熱の大地、アンダルシア地方だそうです。

さて大言壮語するタイプの知事たちが、国政に参与する動きをみせています。
彼らはことあるごとに公益、国益について語りますが、そこに自分たちの意見に反対する人間をカウントしていない。自分たちの意見に反対する人間を簡単に切り捨ててしまう態度に疑問を感じます。

あるニュース番組のコメンテーターがイタリア・ファシズムの創始者、ムッソリーニがでてきた雰囲気を思わせると言っていましたが、なるほど考えてみれば、自分に反対する人間、敵対する人間であっても、それが同じ県民、府民や都民である限り、そして同じ日本人である限り、その権利も守りその人の利害も代表する、と言い切れる人間こそ、日本の国益の代表者だと思いませんか?

Trackback(0)トラックバック

トラックバックURL: http://loutil.jp/mt/mt-tb.cgi/454

Post Commentコメントを書く

カテゴリー一覧
キーワード検索